• 本当においしいコーヒーを自宅で飲みたい! 種類の違い・価格・保管・手軽さを比較-おすすめはハンドドリップとカプセルタイプのマシンです♪ はコメントを受け付けていません。

本当においしいコーヒーを自宅で飲みたい! 種類の違い・価格・保管・手軽さを比較-おすすめはハンドドリップとカプセルタイプのマシンです♪

コーヒー大好きです♪( ´▽`)

下戸なので、嗜好品はコーヒーとチョコなんですw (※チョコについてもまた記事を書きたいなと思ってます(笑))

それはもう、20年にわたるコーヒー党ですので、自宅でも本当においしいコーヒーが飲みたいわけですよ!!
インスタントからボトルコーヒー・ドリップ・カプセルコーヒーマシン・ポーションなどなどいろんなコーヒーを今までに飲んできましたので、私が調べた&感じた「おいしいコーヒー」についてこの記事でまとめてみたいと思います!

※どの品種(モカ・キリマン・ブルマンなど)や焙煎方法(ローストの程度・炭焼きなど)が美味しいかどうかについては、好みによる部分が大きいのでここでは触れません。長くなりすぎますしね^^;

 

おいしいコーヒーを飲むための基本

まずは、すべてのタイプのコーヒーに共通する基本です。

 

何はなくとも鮮度が命

コーヒーのおいしさは、生の豆を焙煎することでつくられます。
食品によって、「できたてが美味しい」ものや「ちょっと時間経って寝かせたものが美味しい」もの、「賞味期限内ならあんまり変わらない」ものまでいろいろありますが、コーヒーはできたてが一番美味しい飲み物です。

コーヒーは鮮度が大事!!

なので、焙煎されてから・豆をひいてから・抽出されてから・加工されてから、すべてのタイミングで時間の経っていないものが美味しいですし、保管についてもなるべく空気に触れず・湿気に触れず・温度変化も少ない状態のもののほうが美味しいのですね。

購入したらなるべく早く美味しいうちに飲みきることや、短期間で飲みきれる量ずつ購入するというのも大事です。

 

保管は温度&湿気厳禁!

どのコーヒー製品にも「高温多湿を避けて保管」と書いてあるように、湿気や高温はコーヒーの品質を落とします。
いちばんいいのは冷凍保存といわれていますが、ご家庭の冷凍庫だと開け閉めのたびに温度が変化しやすく、そのせいで結露もしやすいので、けっこう気を使いますね。

おすすめは密閉して冷蔵庫保管です。環境としては冷凍庫には劣るのですが、出し入れのたびの結露が冷凍よりは少なく済みますし、冷蔵庫内は温度が低い=つねに乾燥しているのでその点も良いです。

たくさん買って長期保管する分は冷凍へ、毎日出し入れする分は冷蔵庫へというのがいいかもしれませんね。

 

酸化で味が落ちるので密閉が理想

コーヒー豆の味が落ちる最大の理由は「酸化」です。

主に空気中の酸素に触れることが理由で豆が酸化し劣化してしまうので、なるべく空気に触れないように保管するのもポイント。

飲む頻度が少ない場合は、一杯分ずつ個包装になっているタイプの製品が便利です。

↑我が家ではUCCコーヒークーポンを集めてもらった保管容器に入れて冷蔵庫で保管しています

 

コーヒーの種類別、淹れ方と長所短所

豆を買って家でひいたほうがいいのか? インスタントコーヒーとレギュラーソリュブルコーヒーはどう違うのか? など、コーヒーにまつわる疑問はいろいろありますし、答えも人によって意見はさまざまです。
ここでは、私が実際に日々飲んでいる中で感じたことを中心にまとめてみたいと思います。

 

ホールビーン

まずコーヒー豆といえば! 焙煎だけがされた状態で、豆の形のまま販売されている「ホールビーン」です。
買ってきたら自宅でミルを使って粉状に挽き、抽出器具を使って淹れると、大変手間のかかる製品でございます(笑)

にもかかわらず、つねに人気があり一定のファンが存在する最大の理由は「挽きたてのおいしいコーヒーが飲める」ということに尽きますね。

コーヒー豆は空気に触れることで酸化し劣化するので、空気に触れる面積が少ない丸のままの豆のほうが、細かくひいた粉(レギュラーコーヒー)よりは劣化しにくいといえるのです。

デメリットはどうしても手間がかかること!
ミルを持っている必要がありますし、豆だから保管は適当でいいかというとそんなことはまったくなく、粉と同じように低温・乾燥・密閉の環境が望ましいのです。

あと、これは個人的な意見なのですが、素人が綺麗に豆をミル挽きするのは正直、めっちゃ難しいです!!

まず道具の良し悪しに左右されます。基本的には値段に比例しますが、同じ細かさに綺麗に挽くことができる器具は高い! また器具が良かったとしても、電源を止めるタイミングちょっとで全然仕上がりが変わってしまうこともあります。

それと、豆の保管状態がよくないと、表面の酸化した部分と中の新鮮な部分が、挽いた状態で混在してしまうこともあります。こうなると味わいにムラができてしまい、せっかく豆で買った意味がなくなってしまいますね。

豆で購入する場合は、器具から保管まで本格的に気を使い、挽き方も研究してやるぜ! という気概のある方以外は、なるべく買った時にお店で挽いてもらい、早めに飲みきるようにしたほうが結局は美味しく飲めるというのが私の持論です。
プロの焙煎・ミル挽きにはご家庭レベルでは相当歯がたたないですよ(´Д` )※経験談

 

レギュラーコーヒー

コーヒー豆をすぐに抽出できるよう粉状に挽いて詰められているのがいわゆるレギュラーコーヒーです。
抽出器具を持っていれば購入してすぐに淹れることができるので手軽に本格コーヒーが飲めますね。

値段もピンキリで、基本的には品質も値段に比例します。
焙煎・ミル挽きから日にちの経っていないものが望ましいのですが、市販品だとわからないことも多いですよね。

ひとつポイントとして、コーヒー豆は焙煎後も生きているといいますか、品質変化によってガスを発生する性質があるので、袋が膨らんでいるものは焙煎から時間が経っていると判断できます。
また、ガス抜き用のシールがついている製品もありまして、これがあるもののほうが密閉状態で保管できるので、あるとないならあるものを選ぶといいと思います。

 

ドリップパック

挽いたコーヒーを一杯分ずつ簡易式のドリッパーと一緒にパックして、一杯ずつ新鮮な豆で淹れたてコーヒーが手軽に飲めるようにした製品です。

一杯分ずつ個包装になっているのが最大のメリット!
たまにしか飲まないし抽出器具ももってないけどドリップコーヒーが飲みたい! という場合にはとってもありがたいです。

ただ、味はどうしてもレギュラーコーヒーより劣ります。というか薄いです^^;
中には「この豆めっちゃおいしい!」というものに出会うことがあるんですが、淹れ方で味が変わるというのはコーヒーの常識でして、どうしても簡易式のドリッパーでは限界があるというのが正直なところじゃないかなぁという印象ですね。

 

カプセルマシン

上のレギュラーコーヒーとドリップパックのメリットをいいとこ取りできるのが専用のカプセルを使うコーヒーマシンです。
詳しくは後で書きますが、一杯分ずつ個包装になったコーヒーを専用マシンで抽出するので、手間もコツもいらずにおいしい淹れたてコーヒーが楽しめます。

デメリットは、価格と設置場所ですね〜 あとマシンとカプセルに互換性がないので、メーカー決めたらずっとそのメーカーのカプセルを利用することになります。

 

コーヒーポーション

濃縮タイプのコーヒー液が一杯分ずつ個包装になっていて、お湯や水で希釈して飲むタイプの製品です。
カルピスのコーヒーバージョンみたいな感じw 個包装ですけどね。

ボトルと比べて保管に場所をとらないのと、カフェオレなどアレンジコーヒーにするときに濃〜いドリンクを作ることもできます。インスタントと比べるとドリップコーヒーに近い味わいが再現できます。

 

ボトルコーヒー

ペットボトルや紙パック、缶に入っていてそのまま飲めるコーヒー。
手間という点からは一番手軽ですね。価格はちょっと割高で、味もドリップコーヒーよりは落ちる印象です。

 

インスタントコーヒー

ドリップしたコーヒーをフリーズドライで粉状にした製品。お湯で溶かすだけで飲むことができ、手軽だしお値段も手頃です。

ただ、どうしても味は落ちますね〜
これもある程度品質と値段が比例する部分がありますし、個包装タイプのほうが毎回美味しく飲めるというのも他のコーヒーと共通です。

個人的には、いちばん開封後に劣化しやすいのがインスタントコーヒーだと思います。
毎日飲んでても、瓶の半分くらいまでくるともう酸味がきつくなってくるというか・・・わたしが酸味のないコーヒーが好きだからというのもあると思いますが^^;

あと豆知識ですが、お湯で溶かすのが一般的な作り方ですが、実は少量の水で練ってから水で溶かし、レンジでチンするとより雑味が少なくすっきりと香ばしいコーヒーが飲めます。溶かし方で味が変わるので、興味がある方はいちどお試しください☆

 

レギュラーソルュブルコーヒー

数年前にネスレが発売したレギュラーソリュブルコーヒーは、従来のインスタントコーヒーとは製法を見直し、同じようにお湯で溶かすだけでより本格的なコーヒーが味わえる製品です。

インスタントコーヒーとレギュラーソリュブルコーヒーの違いをものすごくざっくり言うと
・一般的なインスタントコーヒー=コーヒーをフリーズドライしたもの
・レギュラーソリュブルコーヒー=コーヒー液を乾燥させたもの+コーヒー豆の微細な粒子を配合

製品の見た目は同じですが、溶かしてみるとたしかにレギュラーソリュブルコーヒーのほうが透明感のあるレギュラーコーヒーに近いコーヒーで、味わいもすっきりしてるように感じますね。
ちなみにどうでもいい個人的な嗜好ですが、わたしゴールドブレンドよりUCC117のほうが好きなのでw たしかにレギュラーソリュブルコーヒーの品質には一目おいていますが、味が好みじゃないのであんまり買ってはいません。このあたりは完全に好みの問題ですねぇ^^;

このレギュラーソリュブルコーヒーという名称、使っているのはネスレだけです。なんか定義について、業界団体間での合意に至らなかったとかなんとか・・・
業界的にはこれは「ちょっと製法にこだわったインスタントコーヒー」って感じなのかもしれませんね。

 

自宅用コーヒー抽出器具

コーヒーは淹れ方で味が変わる、と上でも書きましたが、自宅でレギュラーコーヒーを淹れる方法はいくつかあります。それぞれについて特徴をまとめますね。

 

ペーバードリップ

まずは王道のペーパードリップ。
ドリッパーという漏斗状の器具にペーパーフィルターをセットして、上からお湯でコーヒーを抽出するものです。

ドリッパーには円すい型と扇型があり、穴も1つのものと3つ穴のものがあり、メーカーによってドリッパーの溝の形状が違ったりといろいろな種類があります。

雑貨店のおしゃれなものからコーヒー店の本格志向までいろいろですが、迷ったら3つ穴扇型はカリタ、1つ穴円すい形ならハリオを選んでおけば間違いないです。どちらも国産で品質が良く、海外でも評価されているメーカーです。

使うドリッパーやお湯の注ぎ方などなどで同じ豆を使っても味が変わるのが面白くもあり難しいところです。最初はなかなかうまくいきませんが、練習してコツをつかめば誰でもできるようになるので、挑戦してみると楽しいですよ!

私が普段使っているのは、カリタのドリッパーとハリオのサーバーです。ドリッパーは扇型が好きなのでカリタ、サーバーは持ち手の形が好きなのでハリオ(笑)

 

ネルドリップ

こだわる人が選ぶイメージのネルドリップは、ペーバーフィルターではなく布のフィルターを使ってコーヒーを抽出する方法です。

ペーパードリップと淹れ方は基本的に同じですが、毎回布フィルターを洗って水に浸して保管するなどちょっと手間がかかります。ペーパーフィルターよりも繊細な味わいになる、お湯の注ぎ方で抽出速度が変わるので好みの味に調節しやすい、ペーパーの臭いがコーヒーにつかないなどのメリットがあるので、こちらが良いという人も多いですね。

 

マキネッタ

コンロで簡単にエスプレッソを淹れられる器具です。
2層に分かれていて、コーヒー粉からお湯ではなく蒸気をあててコーヒー成分を抽出するしくみ。

カフェで使うようなコーヒーマシンって高い(数万〜十数万円)ですから、レギュラーコーヒーがあれば自宅でエスプレッソができるこの器具を持っていると、カプチーノやマキアートなどのアレンジメニューも楽しむことができてコーヒー生活が広がります。
ただし、コーヒーマシンみたいなクレマ(泡)はでません^^;

無印良品のマキネッタ。1〜2杯サイズは、ガス火の五徳にギリギリ乗るサイズ^^;

 

コーヒーメーカー

電源入れてコーヒーと水をセットすれば、あとはお任せでコーヒーをドリップしてくれる機械。
コーヒーマシンと違ってドリップコーヒーしかできませんが、価格はとてもお手頃です。ハンドドリップではうまく淹れられない、時間がないというかたや、毎日たくさん飲むというかたは持っていると便利ですね。

 

カプセル抽出マシン

専用の個包装タイプのカプセルを専用マシンにセットすると、自動でコーヒーを淹れてくれるものです。

コーヒーメーカーと違ってクレマも作れたり、カプチーノなどのアレンジメニューができる機種も。
コーヒーマシンと違って、市販の豆やレギュラーコーヒーは使えず、専用カプセルを購入する必要があります。

カフェで飲むようなクレマ入りの本格コーヒーや、プロのハンドドリップと同じクオリティのコーヒーが自宅で手軽に飲めるというのがポイントです。

 

結局、どれがおいしいの?

おいしいのは、レギュラーコーヒーをハンドドリップで淹れたものと、個包装タイプのカプセルを使うコーヒーマシンです!
自宅や友人宅へお呼ばれしたときには基本コーヒーでお茶タイム(いや、カフェタイムか(笑))するのですが、やはり新鮮な豆を使って淹れたコーヒーに勝るものなし! です。

あとは、価格に見合った美味しさかどうか・・・つまりコスパがいいかどうかが、ご自宅用美味しいコーヒー選びのポイントになってきますね。

 

自宅用コーヒーのコスパを考える

いくら美味しくても、やたら高いのは主婦的にはナシ! です^^;
でも、同じような価格帯ならよりおいしいものを飲みたいというのも人情・・・ ということで、さまざまなコーヒーのコスパを考えます。

 

コーヒーの一杯(150〜200mlあたり)の価格をざっくりと調査

・ホールビーン 10円〜100円
・レギュラーコーヒー 10円〜100円
・ドリップパック 30円〜100円
・カプセルマシン 50円〜80円
・コーヒーポーション 20円〜50円
・ボトルコーヒー/缶コーヒー 20円〜120円
・インスタントコーヒー 5円〜20円
・レギュラーソリュブルコーヒー 10円〜20円

 

基本的には品質は価格に比例

どんなものでもそうですが、高いものはおいしいです。間違いない。
いちばん安いのはインスタントコーヒーですが、味を考えたときにいちばんコスパがいいのは手頃な価格のレギュラーコーヒーをハンドドリップで淹れること! といえると思います。・・・うん、まあ、わたしコレなんですけどw

次点としてカプセルを使うタイプのコーヒーマシンですね。価格はハンドドリップと比べると割高ですが、スキルも手間も要らないという点がとても大きなメリット
正直なところ、豆の管理がちゃんとできない・ドリップの練習とか面倒、という場合にはこちらのほうが間違いなく美味しいコーヒーが飲めます。

 

美味しいコーヒーを自宅で飲むためにおすすめな方法は二つ

(1)レギュラーコーヒーをハンドドリップで淹れる!

ペーパードリップなら器具もフィルターも安いです。
豆はお好きなものを選んで、新鮮な状態で購入して冷蔵庫で密閉保存し、早めに使い切るようにします。
ホールビーン&ミル挽きにこだわる場合は、いいミルを買って上手に挽く研究もマスト。

あとは練習あるのみ! コツさえつかめば、とっても格安で美味しいコーヒーが飲めますよ♪

ドリッパーのおすすめメーカーはカリタとハリオです。どちらかを選んでおけば間違いなし!
↓ではそれぞれいちばん安いプラスチック製のドリッパーを一緒に紹介してますが、どちらのメーカーもガラス製・陶器製・銅製などのおしゃれな製品をたくさん作っていますよ〜♪

 

カリタ

扇型3つ穴ドリッパーです。理想的な抽出速度で、雑味がでる前に美味しさだけをドリップするように工夫されています。
扇型フィルターは大抵どこのスーパーでも買えるのでその点も嬉しい。

カリタ 透明樹脂 コーヒー ドリッパー 101Dロト

価格:259円
(2017/1/15 21:53時点)

カリタの公式サイト>>コーヒー機器総合メーカーKalita

 

ハリオ

円錐形ドリッパー。大きなひとつ穴と上部までのびるスパイラルリブが特長で、よりネルドリップに近い味わいをペーパーフィルターで実現できるようにした商品です。
お湯を注ぐ速度によって抽出速度を変えられるので、好みの味によって淹れ方を工夫する楽しみもありますね。

HARIO V60 透過ドリッパー 01 クリア [VD-01T] 【ハリオ】【RCP】

価格:313円
(2017/1/15 21:57時点)

ハリオの公式サイト>>ハリオ株式会社

 

安定して美味しいコーヒーを飲みたいならカリタ、いろいろと研究して自分の味を探したいならハリオがおすすめです!

 

(2)カプセルタイプのコーヒーマシンを使う

コストはペーバードリップの倍くらいかかりますが、手軽さが最高です。そして安定して美味しいです。

有名なのは2機種、どちらにも特長があるので求める性能や味で選ぶといいと思います。

 

ネスカフェドルチェグスト

・1杯約60円
好きな種類のカプセルを選べる
・カフェラテや抹茶などコーヒー以外にもメニュー豊富
妊婦さんにも嬉しいカフェインレスコーヒーあり!!
・カフェのコーヒーマシンのような、クレマ入りの仕上がり
・カプセル2ヶ月16杯3箱〜 合計60箱以上の利用で本体無料レンタル

本体無料で使えるキャンペーン中☆>>14種類以上のカフェメニューを一台で楽しめる/ネスカフェ ドルチェ グスト

UCCドリップポッド

・1杯約80円
・毎月、月替わりおすすめ+定番2種類の合計3箱48杯が届いて3900円。
・12ヶ月以降は2900円(つまり本体代が実質12000円といった感じですね)
老舗コーヒーメーカーならではのラインナップ
・プロのドリップを再現した仕上がり
カートリッジを使うと市販のレギュラーコーヒーも使える!

初月1980円で始められるキャンペーン中☆>>UCC ドリップポッド

コーヒーそのものの味にとにかくこだわる・いろんな豆を飲み比べてみたいというグルメさんはUCC、細かいことはいいのでとにかく手軽に美味しいコーヒーが飲みたいというかたはネスカフェがおすすめです。
あとね、UCCのほうがカプセルは高いですけど、実はレギュラーコーヒーも使えるというのがポイントで(笑) たくさん飲むから定期便の48杯ではどのみち足りないわーというコーヒー党さんは市販の豆と併用することで、1杯あたりのコストは逆転する可能性がありますね。

個人的には普段からUCCのレギュラーコーヒーを愛飲していますので、ドリップポッドが気になっていますw 私より上手に淹れてくれるのかしら・・・!?


【ブログ管理人について】
愛知県在住のズボラ子持ちアラフォー主婦です。美容意識は低いけど「楽してキレイになりたい」を叶えるための研究には手を抜きません!
出産まで看護師として働いていた経験も生かして、本当におすすめできる美容商品を厳選してレビューしていきます☆

詳しいプロフィール・ポリシー・ブログの説明・メールフォームはこちらから→ゆる美容ブログについて

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る